bluefilmproducts・映像作家杉本篤の活動予定などを掲載していきます。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 6月30日 映画『Captured Images』東京上映決定!! | main | 個展『Captured Images』無事に終了しました。 >>
『ME AND MY FRIENDS』特設大型スクリーン上映会
群馬の現代美術ギャラリーYa-ginsでの展示も残すところ今週末のわずか3日となりました。
約2ヶ月間という長い展示期間を頂き、自分が続けてきたスケートボードの映像作品を一般の方をはじめ全く異なるフィールドの人たちに見て頂けた事は自分にとってとても意味があり、刺激的な期間でした。会期中、たくさんの人に会う事ができました。若い大学生スケーターが来てBLUEからずっと作品を見続けてきてくれていると言ってくれたり、あるサラリーマンのおじさんは自分の映像を見に何週間も続けてきてくれたりもして、さらにはスケートボードにも乗ってみたいと言って30分程一人で遊んで帰っていった日もありました。そんなことは今までのスケートボード人生では経験はなかったしそんな風に興味を持ってもらえて心底うれしかったです。
そして展示をしなければ出会えなかったたくさんのアーティストの方々と話をできたこともとても価値あることでした。彼らはひとつの作品をつくるのにいろんな角度からモノを見て自分と向き合って作品を制作していました。作品を創る事やモノを生み出す姿勢についても考えさせられた展示でした。

現代美術ギャラリーYa-ginsはHULAHOOPERSでも紹介した八木隆之さんがオーナーを勤めるアートギャラリーです。ぼろぼろだった建物を一から自分の手ひとつで見違えるほどのギャラリーに作り変えました。数十ヶ月をかけてつくられたギャラリーは八木さんのアートにかける強い想いと愛情を感じさせてくれます。そんな八木さんの作品とも言えるギャラリーで自分の展示をやらせてもらったことは本当に光栄なことだったし、モノを創る人間としても本当に意味のあることだったと思います。

オープンしたてだった頃のYa-ginsに比べ人の出入りも増え、地域の方やアーティストや学生、若いスケーターの皆も見に来てくれるようになりました。今後どういった広がりを見せていくのか本当に楽しみです。

Ya-ginsが僕の作品を自分たちのフィールドへ受け入れてくれたように、枠を決めずに自分に従って事を進める事で見えてくる世界や新しい出会いがたくさんあると思います。必要のない固定概念はとっぱらって本当に価値あることを突き進める姿勢が大切なんだと思います。

展示最終日前日6月15日は20:00より『Captured Images』を制作することの発端となった作品『ME AND MY FRIENDS』を上映させてもらいます。『ME AND MY FRIENDS』を制作していたとき、ただ消費されて終わってしまうものではない誰かの心に深く残る作品をと思って制作をしていました。先日の新潟・水と土の芸術祭にしても今回の上映にしても、こうして作品を発表してから2年が経った今でも上映の機会が頂けるとこは本当に嬉しい事です。今回は八木さんの計らいで屋外に巨大スクリーンまで設置して頂きました。お近くの方は是非足を運んでもらえたらと思います。この作品は僕たちの4年間を本気で記録したドキュメンタリー作品であり、誇張のない等身大の作品だと思います。未成熟な僕たちが本気で制作した作品から何か感じてもらえてたらうれしく思います。




COMMENT









Trackback URL
http://news.bluefilmproducts.com/trackback/64
TRACKBACK