bluefilmproducts・映像作家杉本篤の活動予定などを掲載していきます。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
上毛新聞に記事が掲載されました。
 上毛新聞県央版にて群馬県にあるアートギャラリー『YA-GINS』にて開催中の杉本篤展の記事が掲載されました。

上毛新聞の江原さん、YA-GINSオーナーの八木さん、本当にありがとうございました。
展示は6月16日までですのでもしお時間あれば是非会場にお越し下さい!

ELEMENT 『STEP BY STEP』DVD発売
 去年の10月頃より制作に取りかかっていたELEMENTのHOW TO 企画『STEP BY SYEP』がDVDになって発売されました。

できるだけ無機質な場所で撮りたいという要望から埼玉県にあるスケートボードパーク、FUGさんにご協力頂き一週間こもって撮影を行いました。開店前の午後1時までというリミットがある中、毎朝6時集合で現場についたらダッシュで準備して撮影するという生活。さすがに後半のほうは疲れもありましたが、良い映像を残す為に何度もトリックを撮影させてくれたライダーの皆には感謝です。

プロデューサーの今井さん、FUGジョウさん・りょうへい君、ライダーのナオ君・ブチ君・つばさ・リョウ君、朝早くから本当にお疲れさまでした。

撮影が終わってからは編集と音楽。そして各種デザインワークをHULAHOOPERSの仲間で制作。そのことはHULAHOOPERSのNEWS欄でデザイナーの岡田くんが書いてくれたので読んで見てください。デザイナー・トラックメイカーとしての視点で今作品ついて書かれています。

FUG SKATE PARKはこちらから
HULAHOOPERS NEWSはこちらから


そして個展ですがゴールデンウィークは4日、ギャラリーにいますので時間があれば是非おこしください。

個展『CAPTURED IMAGES』オープニング
先週末の個展『CAPTURED IMAGES』のオープニングにはジャンルを問わずたくさんの方が見に来て下さりました。中には東京からわざわざ来てくれた友達やスケーターもいたりして本当にうれしかったです。ありがとうございました!









oakley の千木良さんからはサングラスをプレゼントして頂きました。
いつも応援ありがとうございます。

こういった映像の展示は初めてだったのでどうなることかと思いましたが、ダイレクトに感想が聞けたりリアクションが見れてとても新鮮で面白かったです。今後もできるだけ足を運んで来場して頂いた方々とお話できたらと思っています。最後に展示の準備に協力してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

展示は6/16まで行っておりますので引き続きどうぞよろしくお願い致します!

そして話は変わりますが、日曜日と土曜日には敷島公園のPR動画でもお世話になったツジヤマガクさんのラジオ出演とライブが決まりわざわざ岩手から遊びにきてくれました。ガクさんともいろんな話ができて楽しかったです。




こういった機会を作ってくれたまえばしCITYエフエムの皆様、本当にありがとうございました。
HULAHOOPERSでは引き続きこんなことができていったらいいな。

こちらの活動もどうぞよろしくお願い致します。
展示日程告知の訂正
 展示日程の告知に誤りがありました。
展示は毎週、金曜日・土曜日・日曜日で祝祭日は関係ないとのことです。

確認不足ですいません。

27日土曜日、28日日曜日は在廊しておりますので引き続きよろしくお願い致します!



個展『Captured Images』詳細
今月27日よりスタートする個展『Captured Images』。詳細をYA-GINSwebサイトに掲載して頂きました。



会場ではスケートボーダー伊澤早穂さんと一緒に制作してきたドキュメンタリー作品を中心にいくつかの作品を展示します。

初めて早穂くんを知ったのは12年ほど前のこと。スケートボードの専門誌『WHEEL』という雑誌でした。
たくさんのスケーターの写真が掲載される中、いわゆる普通の大学生のようなボタンダウンシャツにジーンズ、髪型も普通のミドルヘアーセンター分け、という当時ではとてもスケートボードをやるような感じではないファッションで13段もあるハンドレールをスイッチボードスライドしている写真は一際印象的であったのを今でも思い出します。


そんなスケーターと一緒にドキュメンタリー作品をつくることになったのは『ME AND MY FRIENDS』がきっかけでした。一緒に作品をつくっていく中で様々なことを話し合った僕たちは結局その課題を持ち越し、HULAHOOPERSの新しい作品として継続して作りあげる事になったのでした。その作品が今回のメイン展示でありタイトルでもある『Captured Images』なのです。

27日は18:00よりオープニングパーティーがあります。
パーティーと言っても誰でも入れる本当に気軽なものです。
そしてYA-GINS隣のお店のニャムコムさんがグリーンカレーも提供してくれます。
出演の伊澤早穂くん、HULAHOOPERSデザイナーの岡田俊樹くんも参加してくれます。

スケーターの皆にももちろん見てもらいたいしそれ以外の方にも見てなにかを感じてもらえたらうれしく思いますので皆様、是非足を運んでみてください。

僕はさしあたり27日、28日、29日は在廊予定です。
27日は夕方18:00より。
以降は金、土、日の13:00〜21:00が営業時間ということなので御間違えのないようご注意ください。以降の在廊予定はまだ不明ですがいけるときは何かしらでお知らせできたらと思いますのでよろしくお願い致します!


VANGUARD 機材紹介レビューに協力させて頂きました。
 カメラバックや一脚を使わせて頂いているカメラアクセサリーメーカーVANGUARDさんから今年1月に発売されたピストルグリップ型自由雲台GHシリーズを使った動画撮影使用例をVANGUARDスタッフさんと一緒に考案しました。
スチール撮影がメインでたまに動画を撮影される方やこれから映像をはじめようと思っている方、大掛かりな機材はいらないけど通常の三脚ではなかなかできないちょこっと変わったアングルで撮影したいなどという方にはおすすめだと思います。
使用機材も最小限で行える撮影方法を紹介していますので参考にされてみてはいかがでしょうか。

詳細は以下より!



群馬県立敷島公園 PR動画
群馬県立敷島公園のPR動画を制作させて頂きました。

この公園は、僕が中学生から高校にかけてほぼ毎日スケートボードをするために通い続けていた公園で、自分にとってはとても思い入れがある場所です。
青春時代を最も長く過ごした場所の作品に作り手として関われたことは、とてもうれしく光栄に思います。
そもそもこの話を頂けたのは、まえばしCITYエフエムの岡さんという方が自分の作ってきたスケートボードの作品を見てくれたのがきっかけで、そのこともまたとてもうれしく感慨深かったです。

敷島パークマネジメントJVの中埜さん、まえばしCITYエフエムの岡さんをはじめ多くの方々の協力を頂いて完成した作品なのでたくさんの方に見てもらえたらうれしく思います。
制作に協力して頂いた皆様、本当にありがとうございました。



個展のお知らせ
今月4/27より約2ヶ月間群馬県のアートギャラリー『ヤーギンズ』にて個展をやらせて頂く事になりました。お近くの方もそうでないかたも是非お越し下さい。

今回の展示ではスケートボードの短編映像作品や今までに撮影してきた写真なども展示する予定です。
こういった展示をやらせて頂くのは初めてなので手探り状態ではありますが面白いものにしたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願い致します。

展示タイトル『Captured Images』
Captured Imagesとは『記録された風景、と、何かにとらわれた想念』という二つを意味しています。ME AND MY FRIENDS発表以降感じてきたこと・考えてきたことを作品にしていきたいと思っています。

 


TONOTSUKA TATSUO
 数日前、約2年ぶりに殿塚辰夫くんにあった。辰夫くんは『BLUE』『ME AND MYFRIENDS』どちらでも撮影に協力してもらって多くの時間を一緒に過ごした人で、僕が最もかっこいい『スケーター』として崇めていた人でもある。当時辰夫君は『BRACKBOOK』というフリーペーパーを作ったりもしていて、自分の思うメッセージを自由な発想で発信したりしていた。一緒に時間を共有していくなかで、モノをつくったりメッセージを伝えたりすることについても色々と教えてもらったりした。辰夫君は誰からの目も気にせず自分の『これをやりたい』という衝動をだれよりも素直にやってのけてきた人だ。スケートボード以外にもいろんなことに興味を持っていて、それが他のスケーターにはない独特の魅力を発していたようにも思う。今よりも右往左往していた僕にはその突飛な生き方や考え方がとても刺激的だった。

しばらくぶりにあった辰夫君はお父さんになっていて、パン屋になるための修行で3月から長野にいくと言っていた。僕の知っている限り数回転職している辰夫君。自分の中の矛盾をなくすためにパン屋という道を選んだんだって。転職ってなかなか勇気のいることだけど今回も例外なく自分の興味や心に従ってさらりとやってのけてしまったみたいだ。転職する毎に自分の中の矛盾がなくなっていってるそうだ。
最近はスケートボードでトリックをしたりすることはなくなってきているみたいだけど、変わらずに何にもとらわれる事も縛られる事もなく、自分で道を切り開き歩んでいってる姿は昔から知っている辰夫君となんにも変わっていなかった。辰夫君曰くスケートボードをする感覚と同じ感覚でパンを作っているんだって。
大人になると見栄を張ったりいろんなことに縛られたりして、自分の中で矛盾とか葛藤とか色々でてきたりする。今の僕もまだ未熟で右に左にぶれてしまうけど、いつか自分の中の矛盾が減っていくといいなあと思う。今はまだ走り続けることでしかその答えは見つけられなそうだけど。

数年後辰夫君が独立したときにパン屋さんの作品を撮ることを約束した。パン屋になったスケーター。とても面白そうで今から胸がわくわくする。






(2008年 ME AND MY FRIENDS撮影より)
STEP BY STEP
ELEMENTのハウツースケートボード企画「STEP BY STEP」の動画制作を担当させて頂きました。

今後、約3ヶ月間に渡り毎週1トリックずつ動画をアップしていき、計12トリックを紹介して行く予定だそうです。

「トリックQ&A Facebookページ」では、ユーザーからの質問に対して出演するELEMENTライダー達が直接答えるQ&A形式になっているとのこと。

これからスケートーボードを始める方など、是非ご覧下さい。




動画中のグラフィックデザインは岡田俊樹、音源はThe Creamiest Dreamiest・sphontikが担当してくれました。